FC2ブログ
KYOTO CARPのぶろぐ
京大公認サークルのKYOTO CARP(京都CARP)の公式ブログです。京都大学を中心としたインカレサークルで、社会貢献を目的として学生と教授を交えてのボランティア・研究活動などを行っています✨/ルネサークル棟清掃プロジェクト/スポーツ/定例研究会
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

定例研エネルギーチーム~自然エネルギー100%シナリオについて~
皆々様、ご無沙汰しております。そう、ニントクです。

前回から長い歳月を経て、再び定例研エネルギーチームからの報告をさせて頂きたく存じ上げる次第…。

以前、SDGsのエネルギーに関するゴール7の中に含まれる、ターゲット2「2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる」というものに着目するという話をしたと思います。

というわけで、引き続き本稿でも再生可能エネルギー(以下、再エネ)ついて、少しお話ししたいと思います。
再エネってCO2出さないし、世界の脱炭素に向けた動きと合致しているから、とにかく再エネの割合を増やしていくべきだ、という意見は一理あると思います。CO2を出すよりは、出さないほうがいいに決まっていますからね。ニントクも同意見です。

ですが、一方で再エネを増やしすぎることによって起こる問題もあるようです。以前に簡単にまとめた再エネのデメリットとも関わってくることだと思います。理想を成し遂げようとする時に、しっかり目の前に横たわる現実も見ていく必要があります。

〇再エネ100%への道
ここから、環境エネルギー政策研究所(ISEP)が公表している「自然エネルギー白書2017」で書かれている「100%自然エネルギーシナリオ」について見ていきます。どのような条件下で自然エネルギー100%が実現すると想定されているのでしょうか。

全エネルギー供給構成の変化


出典:システム技術研究所資料より

上図は、2050年までの日本における、電力に限らない全エネルギー供給構成の変化が描かれています。これは、「2011年7月にWWFジャパンが発表した省エネルギーシナリオにおける2050年までのエネルギー需要の半減が前提となってい」ます(注1)。
そして、「残りのエネルギー需要を、国内にある自然エネルギーで100%賄うことが可能かどうかを、電力だけではなく、熱・燃料を含めて検討し、技術的には可能であることを示してい」ます(注2)。
また、「これらが、新たなエネルギーや新技術の開発に大きく依存したものではなく、今の時点で既に存在している技術を軸に、現実的な省エネを実践する手段を、幅広く検証し、シナリオとしている点」(注3)が特徴なのだそうです。
技術の例として、「LED照明の導入や、高性能断熱住宅についての基準づくり、効率のよいヒートポンプの導入、都市の緑化、鉄鋼リサイクル率の向上、さらにカーシェアリングや、エコドライブ、電気自動車や燃料電池車といった運輸部門での改善」(注4)が挙がっています。

ちなみに2050年ごろの構成を見ると、目立つのはバイオマスや太陽光、また太陽熱や風力も大きな割合を占めています。バイオマスが一番大きいと予測されているのは意外です。太陽光か風力ではないんですね!

2020年には270MTOEと予測されていましたが、実際には2016年の時点でも424MTOEというエネルギー供給の結果になっており(注5)、既に予測が狂い始めています……!
なかなかこのシナリオ通りに日本社会はうまく動けていないというのが実情です。なぜでしょうか?

WWFジャパンが行ったシミュレーションが的を得ていたとしても、結局社会全体が省エネを頑張ってエネルギー需要を減らすという動機がない、又はその必要性が社会全体に浸透していないということなのかなと思います。
「省エネは良いことだ」という通念があっても、じゃあわざわざやるかどうかというのは、省エネが絶対に必要だという何がしかの信念があるかどうかということに関わってくると思います。日本社会にはまだまだ省エネしよう、エネルギー消費を減らそう、そして二酸化炭素排出量を減らそうという強い思いが共有されていないのだとすれば、それが今回のシナリオと現実との乖離につながったのではないでしょうか(もちろん、日本企業はこれまで省エネ技術の向上に取り組んできましたが)。

以上、拙い意見ですみません。SDGsを考えている我々としては、これからの社会の構成員たる若者、大学生にこのようなエネルギーでの持続可能性のためにどうすべきかということを考えるきっかけをつくるべきだよなぁと思ったりします。

結局、今回は再エネをあまり見ませんでしたね!!ごめんなさい!!また次の機会に続きを書こうと思います!!


参考文献
注1、注2)環境エネルギー政策研究所(2020/08/14)「自然エネルギー白書2017」https://www.isep.or.jp/jsr/2017report/chapter5/5-1 閲覧:2020/08/15
注3、注4)WWFジャパン(2011/07/22)「日本のエネルギーは50%削減可能!省エネ・シナリオを発表」https://www.wwf.or.jp/activities/activity/2620.html 閲覧:2020/08/15
注5)経済産業省(2018/02)「平成29年度国際エネルギー情勢調査」 https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H29FY/000219.pdf 閲覧:2020/08/15

定例研!『障害者雇用の一番の原因は権利!?』
こんにちは!おいもです!

最近は窓の外でセミが鳴いているようです。夏ですね。


今回は定例研の活動報告をさせていただきます!!
今、KYOTO CARPではSDGsの中のそれぞれが興味のある分野を選んで、研究をしています。
おいもさんはSDGsの8番の「働きがいも経済成長も」について研究しているので、その内容について話していきますね。
スクリーンショット (44)

続きを読む
意外と知らなかった!日本の障害者雇用

こんにちは!はじめまして、ビーズです^^

実はブログを書くのは今回が初めてなのですが、よろしくお願いします!

さて、今回は「教育」「エネルギー」「働きがい・経済」の内、「働きがい・経済」チームの報告をしていきたいと思います!




続きを読む
日本のエネルギーミックスの未来について!
こんにちは! ニントクです。
お久しぶりになってしまいましたが、定例研の活動報告をさせていただきます!!

ちなみに、前回のブログでSDGsのテーマに則って「教育」「エネルギー」「働きがい・経済」の3つのグループに分かれて進めていく旨を書いたと思いますが、それによって、これからのブログ報告もチームごとにやっていくことになります!


続きを読む
これからの定例研!!
こんにちは ニントクです。
ご無沙汰しておりますぅ。

さて、久しぶりに定例研の報告をさせていただきます!

前回までは家庭問題について扱っていましたが、これからは心機一転、テーマを変えて行っていきます☆

実は定例研の運営の仕方自体を変えまして、これからは「教育」「エネルギー」「経済・働き方」の3つのテーマに関してチームを作り、毎週1チームが週替わりで発表するという形式になりました!!

各チームはそれぞれのペースでテーマの具体化、方向性の決定、調べもの等を行い、定期的に定例研の場で進捗状況の発表を行い、それに基づいて全体でディスカッションを行います。

なぜ上記3つのテーマに決めたかというと、SDGsの17のゴールに掲げられる分野から、メンバーの関心分野を選んだということです。

スクリーンショット (46)スクリーンショット (45)スクリーンショット (44)

画像出典:
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_logo/sdgs_icon/

どこでも耳目を集めるようになったSDGs……ええ、私たちもその時代の潮流に、乗ります
srufing_man.png


最後に、この定例研における私たちの目標について紹介したいのですが…

実は、私たちは京大で「カレッジサミット」なるものを開催したいと思っています!!
その目的は、大学生と先生方が一堂に会して未来の平和な社会について語り合う場を作るということです。
kaigi_shifuku_brainstorming2.png

上述した3つのチームがそれぞれの分野において「本来あるべき姿、理想の姿は何だろうか」ということを研究し、それについて発表して、全体での議論によって更に深めていくという流れを想定しています。

正に未来を担う大学生が、今を担う研究者と共に理想の社会とは何か、そこに向けて私たちは何をすべきかを語り合うというのは大変有意義ではないでしょうか!

というか、そもそも大学という場が本来そうあるべきなのだと思っています。私たちはそういう場を象徴的にでも作り出していけたらと思っています!

実際どれくらいの規模で開けるかということは未知数ですが、
は大きく持ちますね!!
text_yume.png


それでは、これからも研究会、頑張っていきます!!


一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな


関連するタグ

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

カウンター