京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
11 | 2011/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よいお年を
ちょっと感動したというか、
新年をさらに気持ちよく迎えられそうな気分でいるHoppeです。

何があったかというと、数日前の話でした…





わたしはその日、

「よいお年を」の意味が、

「残り少ない今年の期間をよくお過ごしください」なのか、

「よいお年をお迎えください」、つまり、新しい年を良き年としてお迎えくださいなのか、

どちらか分からなくなったので、ググってみました。

そして、いろいろ見ていると、

『教えて!goo』にたどり着いた。
続きを読む
進化論???
今日、鴨川沿いを歩いていたら、
カモが川を泳いでいた。
そして、
エサかなにかを食べているようだった。



そこで思ったことが一つ。


彼らは寒くないのか?


このような寒さの中、
もし人間が水にぬれてそのままでいたら死んでしまう。


それなのに彼らは、平気な顔をして水遊びである。


なんなんだ、この違いは!!!





そう、そこで思ったのは、彼らには、水を通さない羽毛があるということ。
ふさふさしていてまったく寒くなさそうである。


おそらく水をはじいて、決して内側には水を通さないのだろう。





人間の場合はどうだろう…。



人間の場合は毛深いといってもたかが知れている…。

そして、

もし衣服を着ていたとしても、それがびしょ濡れになってしまえば、もうあとは体力を奪っていってしまうだけのものとなる。




すげぇ、鳥!!!今日からわたしはあなたたちのファンだ!!!



それにしても、
彼らはどうしてあんな羽毛を身に着けたのだろうか。


それを考えていると、



ある一つの考えが浮かんだ。




それは、彼らは昔は、水をはじく毛がなくて、
だけど寒い中でも水の中でエサをとりたいと思って頑張っていたら、
そういう環境に適応して、水を防ぐ羽毛を手に入れたというものだ。



これって本当だろうか?
本当だとしたら、
人間も今から頑張ったら、
数万年後には、水にぬれても寒くない毛を手に入れているかもしれない!!!




しかし、そこまでして頑張ろうと思うだろうか?
いや、たぶんやりたくない。

一回ですら、極寒の川の中には入りたくない。
ましてやそれをし続けるなんて…。



そう考えると、鳥たちが水を防ぐ羽毛を手に入れたのは、
彼らが頑張ったからではなさそうな気がする。


わざわざ寒いの我慢して川に入り続けるだけのモチベーションは彼らにはなかっただろう、
おそらく川の中以外にもそれなりにエサがあったはずなのだから。


そして、川以外にエサが少なかったとしても、
わざわざ寒いの我慢するよりは、
その少ないエサをいかに手に入れるのかを考えたのでは???


なんて思うわけだ。





まあ、本当に川以外の場所での生存競争に追いやられて、
川でエサ探すしかなくなって、
それで「さみ~」とか言いながら生きていく中でだんだん羽毛ができていったという可能性もなくはないけど、
それって相当な年月がかかることだよな~。



人間もそんなふうに進化していくのだろうか?
例えば、寒い地域にずっと住んでいる人たちは寒さに強くなっていったり、

川とともに暮らす地域の人たちは川での生活にふさわしい形態になっていったり…。



環境への適応能力は確かに持ち合わせている。
しかし、進化となると、長い年月が必要であるし、
進化論には自然選択説とかいろいろあるけれどもはたしてどうなんだろうかと思う今日この頃である。




あと、誰かが言っていたけれど、

「適応は進化なんかじゃない。ただ、過去に得られた結果から判断して、それに自らを合わせていこうとしているだけだ。本当の進化は、夢を追って、それを実現しようとするところから生まれる。例えば、過去に適応しているだけでは、どうして魚が陸に上がろうと思うのか。それは、魚の中に、陸上で生活したいという意思を持ったものがいたからである。そういうものが本当の進化である。」



上の文章はめっちゃアバウト。うろ覚えなのであしからず。



魚もどうして陸に上がったんだろう。


仕方なく陸で暮らすしかなかった?(海の中での生存競争に負けた?)

それとも、

陸で暮らすことを夢見た?

それとも、ほかに何か理由が?




鳥たちも、川でエサをとるようになったのは、

仕方がなかったのか、それとも、川でエサをとりたいと思ったのか、それとも、もともと羽毛を持っていて、「実は俺たち、川でエサ取れるんじゃね?」と気が付いちゃったとか…。




はてさて、真相はいかに。



川でエサをとる鳥の姿からこんなことを考えてみました。


Hoppe
美味しい食事はどのようにして決まるのか
最近、食に対するこだわりが出てきた。
続きを読む
本当の人間関係


ある人が言っていた。


「そういうことは言ってあげないといけないよね。」






ある飲食店からの帰り道でのことでした。








何を言ってあげないといけないかというと、

食事の味について。



もし、「まずかった」とか、「口に合わなかった」というものがあったとき、

それを言ってあげることで、その店の料理はうまくなる可能性がある。

それを「言ってあげないといけないよね。」だそうだ。




他者への批判は心の中にしまいこみがちだ。

しかし、伝えることで改善していくこともある。




面と向かって言ってみる。

「大将、今日のこの料理、なんか酸っぱくない???」


あとで愚痴をこぼすのでもなく、

食べログに書き込むのでもなく、

面と向かって言いたいことを言ってみる。

そんなことが言えるぐらい、それが本当の人間関係なんだと思う。


By Hoppe
寒いけれどもあったかい
昔の人って、

どんなふうに生活してたんだろう。



こんなに寒いのに。。。


ヒートテックもない。

そして、家ももっと貧相だっただろうに…。


A:もっと毛が濃かったのかな???

B:多少毛が濃くてもほとんど変わらんやろ


そんな話をしながら温まる毎日。

By Hoppe


関連するタグ

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カウンター