京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

表現力を磨こう!!!~すごい編~

みなさんお元気様です。

またまた思いつきで新カテゴリをつくってしまいました。


題して、『表現力を磨こう』。


これは、以前ぶっちさんが書いた記事に触発されてつくったカテゴリです。

“雨” is not "rain".



この記事の中で、

心の貧しさが言葉の貧しさにつながっているのではないか


というよな内容が出てくるのですが、


コメント欄にもあるように、

言葉を知らないために情感が育たないというところもあると思います。


と、いうことで、

いつまで続くのかはわからないですが、


ちょっと語彙を増やして表現力を磨くとともに、

情も成長させてしまおうじゃあありませんか!!!



まずはよくつかわれる言葉、

すごい

からです。



さて、この「すごい」という言葉、よく使っていないですか?


「すっげぇ」とか「すごいね~」とか、ちょっとずつ形は変わるかもしれないけれど、

この「すごい」という言葉でたいていの感情をひっくるめて表現できてしまう。




何とも便利な言葉ですね。





でも、それゆえに、情感が育たないところもあるのかもしれないですね。


さて、すごいの同義語を見てみましょう。
「weblio類語辞書」を参考にしています。






まずは、すばらしさを表す「すごい」の類語

すばらしい ・ 素敵 ・ 目ざましい ・ 素晴らしい ・ ワンダフル ・ すてき ・ 目覚しい ・ 驚異的 ・ 見事 ・ 最高 ・ ファンタスティック





おお、こんなにもたくさんの表現が!!!





それではこれらを使って文章を作ってみましょう。




まずは、新幹線で東京に向かうときに富士山を見たという場面。

Lesson

A:「あっ、富士山だ!!!」


B:「すげえ!!!」


…これがノーマル。




次は、

B:「すてき」

…どうすごいのかが見えてきましたね


お次は


B:「お見事」

…なんか完全に富士山にしてやられたかんじですね。




さらに

B:「エクセレント!!!」

B:「ワンダフル!!!」


B:「ファンタスティック!!!」


…もはやルー大柴さんみたいですね(笑)






お次はサッカーですごいプレーを見たとき。


C:「驚異的」


…これは、超ロングシュートを決めたときなんかに、「驚異的なキック力ですね」とか使われそう。



お次は、

C:「最高」


…これは、日本代表が勝った後に、サポーターたちが言っていそうです。




そして、最後にあの方にも出てきていただきましょう。


ルー:「ワンダフル!!!」、「エクセレント!!!」、「ファンタスティック!!!」




…セルジオ越後さんや松井さん、カピラさんなんかも言っていそうです。










さて、


今、こうやって書きながら思ったのは、

自分の感情を表す言葉を使うときには、

自分の感情をよく理解していないと難しいということ。



それゆえに、なんにでも通じて楽な、「すごい」という表現におちついてしまうのかもしれないですね。



以前、情を豊かにするには、情が豊かな人の近くにいるといいんだという話を聞いたことがあるのですが、

そうやって近くにいることで、

情感に対する言葉を学んでいるというところもあるのかもしれないですね。



また、情の豊かな人のそばにいると、

言葉だけでない、感情の表し方まで学べる気がします。






さて、とりあえず打ち上げ花火的に始めたこの企画ですが、

すごい編はまだまだ続きます。


おたのしみに。




テーマ:言語・Linguisitcs - ジャンル:学校・教育

関連するタグ
コメント
Re: タイトルなし
コメントをありがとうございます!この記事を書いたのはもう卒業してしまった先輩なので、代わりに自分が返信させて頂きます。

確かに、「すごい!」とか「やばい!」が多くの意味を含むが故に多用されていますよね…
古語では、例えば"美しい"一つとってみても
くはし→繊細な美しさ、うるわしい。
こまか→きめが密で美しい、
いつくし→整っていて美しい
きよら→匂うように 美しいさま、輝くような美しさ。
というように沢山の表現方法があるそうです。

言葉の厚みが減ってきてしまっている…これが現状だと思います。

言葉を通して昔の人達と繋がる、ここに自分達が古文を学ぶ意味があると思います。
「この景色を見て、平安時代の人達はどんな風に感じ、どのように表現していたのだろう?」
言葉の表現が増えれば、人生が豊かになりますよね。
自分も色々な言葉で表現していきたいなと思いました。

応援のお言葉をありがとうございました。山谷さんに喜んでいただければ自分達も本望です。たまにでもまたこのブログを見てみてください(^^)
[2015/07/30 12:18] URL | ルル #- [ 編集 ]


初めまして。
広島カープのことを検索しておりましたところ、興味深いこの記事を拝見致しました。
言われてみれば、日常会話からテレビ番組まで何かあれば「すごい!」で満ち溢れていますね。
この記事を読んでから私も「すごい」を単独で使うことを禁止することにしました。

実践した当初は、すごい・すごくに続く言葉がパッと浮かばない事多数。
自分が今までいかに適当にすごいといういい加減な表現をしていたか思い知りました。
この反省から、最近では物事を集中して観察するクセが付いたせいか、
仕事のミスや物忘れが少なくなったように感じます。
良い記事をありがとうございました。
[2015/07/30 07:10] URL | 山谷 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/171-0801f0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター