京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【定例研】第2回京大カープ定例研
2011年10月31日(月)18:30~、

京都大学CARP(原理研究会)の後期第2回定例研を開催しました。
参加者は12名ほど。


今回の内容は、

第一部:ぷち八つ橋ゼミ「統一思想教育論~教育の三形態~」

第二部:かももーゼミ「科学倫理」および「防災」

でした。

かももーゼミで設けた質疑応答の時間では、

活発な議論が盛り上がり、

非常に深まった様子でした。


参加者も

「普段自分があまり触れない内容に触れられて良かった」
「自分自身の姿勢を改めさせられた」
「他の文化について考えるきっかけになった」

などの感想を述べていました。



以下、詳細です。


=============

■第一部プチ八つ橋ゼミ「統一思想教育論~教育の三形態」

どのような教育が必要なのかという教育の形態の話。
心情教育と規範教育と主管教育をバランスよくしていくことが大切なんだということを学んでいきました。


※心情教育

心情(ために生きることによって喜びを得たいという情的衝動)を体恤するための教育。伝えていく心情には、希望、悲しみ、苦痛の3種類がある。これを話してあげたり、実践を通して見せてあげたり、芸術作品や映像等を通して伝えていく。


※規範教育

ルールを守ることを大切にさせる教育。規範はしっかりした人になるとともに、家庭を築くときにも重要になる。ここでいう規範とは、性の倫理(貞操を守る)、秩序を立てる(親を敬う)など。しかし、規範教育はどこまでも愛の土台の上でやらなければならない(そうでないと反発してしまう)。しかし、規範教育が緩すぎてもダメ。


※主管教育

創造性を発揮するための教育。創造性発揮のために、内的な四位基台および外的な四位基台を形成する能力を身につける。そのために、知識教育、技術教育、体育を行う。この主管教育は、心情教育と規範教育の土台の上になされないといけない。なぜならば、創造の根幹にあるのは心情と規範であるからである。


心情教育と規範教育は、万民が普遍的に受けるべきもの(普遍教育)。それと別に、主管教育はそれぞれの資質に合わせて個別に受けるべきもの(個別教育)。両者は、人でいうと心と体のような関係で、バランスを取りながら、同時並行的にはぐくんでいく必要がある。


最後に、前回の流れから、「学級崩壊」に関する映像を見て終わりました。



■第二部:かももーゼミ

「科学倫理」by ゴロー

自然科学は自然界の現象を対象として取扱い、そのうちに見出される普遍的な法則を探究する学問。しかしながら、歴史の中で、人間が持つパラダイムが、「自然界に存在する普遍的な法則」を見出すことを妨げてきたこともあった。それゆえに私たちは、自分が自分自身のパラダイムを持って世界を見つめているということをよく認識しなければならない。これまでも、行き過ぎた固定観念(パラダイム)によって偏見差別なども生まれてきた。必要に応じて自分自身のパラダイムを転換し、目の前の現象を謙虚に受け入れていく必要がある。


「防災」by 妙

東南アジアの大規模災害被災地に調査しに行った時の報告。避難民の生活の様子や、災害が多い地域で暮らす人々の心構え、災害との付き合い方などの話をしていただきました。


最後に簡単にディスカッション。
現在読んでいる小説の話や、普段感じてい内容などから思わぬ方向に話が進みとても楽しかったです。

=====

次回は11月14日(月)18:30~


一般の方も参加可能ですので、
お早めに連絡よろしくお願いします。

連絡方法

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

関連するタグ
コメント
発表者の皆様…
発表お疲れ様ですた

参加したかったなぁ…。
第三回が楽しみo(^-^)o♪
[2011/11/01 21:49] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/180-7bdf82ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター