京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
05 | 2017/03 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍ってなぁに?
いやぁ~。

寒いですね。

早くもダウンジャケットを押し入れから出しました。

このペ-スで寒くなったら来年の夏ごろには世界は氷河期になって滅ぶ…っちぃです。


…そろそろ登場ネタが切れてきました(゜_゜>)

“ぶ”で終わる単語大募集中です(笑)



先日、大阪の某大学から情報学を教えに京都まで来てくださっている先生の紹介で、

小城武彦さんという出版流通関係の会社の代表取締役をなさっている方の講演会に参加してきました。





2010年は電子書籍と巷では言われているそうですが、なかなか身近ではないなぁなんて言っていたのですが…

Kindle Fire

とうとう先日、アメリカでは“Kindle fire”という電子書籍が発売開始されました。

現在、日本ではアメリカほどのニ-ズはない様子ですが、このKindle fireはなんといi-Pad2の半値以下だそうな。

アメリカでは急速に普及しているらしい。

小城さんいわく、欧米では相当数普及していて、紙媒体の減少率が減少していることから

今後、紙媒体の書籍から電子書籍に取って代わられる傾向にあることを指摘しておられました。

ちんみに、みなさんは紙の本は読みますか?

私は電子よりも紙のほうがいい人なんですが、日本人はこういった傾向が欧米に比べると多いそうです。



そもそも英語は音声優位の言語で、日本語は文字文化が優位の言葉であるという言語的な特徴が出ているのかもしれません。

その証拠に、アメリカで非常に普及しているオーディオブックなる音声本が日本では一切売れず、

逆に日本では、文庫本の伝統があります。

また、アメリカは日本の書店に比べると国民一人あたりの書店の数が非常に少なく、

本を買いに行くために、わざわざ来るまで出かけていく必要があるそうな。

文庫が通勤・通学のお供になっていることを考えると日本人とアメリカ人とでは本のもつ“意味”が違うようです。



さらに、Amazonで欲しい本を買うという人も増えてきて、いよいよ出版業界の危機といったところです。

実は私も最近Amazonを利用することもあるんですが、小城さんいわく

Amazonを利用するようになってから読む本の分野が自分の興味関心に偏ってしまうそうです。

いわれてみれば、本屋に行くと思いがけず、いい本と出会ったりするものです。

こういった自分が探していたものと異なる新しい価値を発見していくことのできる能力をセレンディピティといいますが、

Amazonで本を買いものばかりしていると始めてこの能力を発揮する場がなくなってしまう。

僕は古着が好きなんですけど、その時の出会いの感動に似てますね。

書店


というわけで、小城さんの結論としてはこのままでは日本の出版流通業界が業界の“黒船”たる電子書籍の流入に際して、

電子書籍による書籍ダウンロードと、アマゾンなどのネットを通じての書籍販売と、

実際の書店での販売を一括してポイント加算してくという

日本特有の強い文字依存文化に根ざした新しいビジネスモデルを提案していくというものでした。

小城さんのプランが日本の紙本文化と電子書籍との間隙を埋められるのか?

…今後が楽しみですね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

関連するタグ
コメント
No title
実は僕も書店大好きなんです。
帯についても言及されていましたが、実は日本の書籍の装丁は世界でも稀にみる美しさだそうな。

この辺りにも書物を単なる情報の集積とみる西洋文化と、今なお装丁に美を追求する日本の文化の違いが見て取れそう。
装丁は電子化できない(というかしても意味ないし)ですしねー。

[2011/11/16 08:17] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

No title
どうなっていくのか楽しみですね。
私は書店でぶらぶら探す派。店員さんによるポップや、本の帯に心躍らせながら、本のはじめの部分を立ち読みするのが好きです。なかなか購入に至ることは少ないんですが(笑)
本は多くの知識を与えてくれると同時に自分の世界を広げてくれます。そういう意味ではやっぱり偶然の出会いを大切にしたいもの。だから私は絶対に本屋さん派です!!!
[2011/11/14 01:21] URL | No name #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/183-944ba6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。