京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

よいお年を
ちょっと感動したというか、
新年をさらに気持ちよく迎えられそうな気分でいるHoppeです。

何があったかというと、数日前の話でした…





わたしはその日、

「よいお年を」の意味が、

「残り少ない今年の期間をよくお過ごしください」なのか、

「よいお年をお迎えください」、つまり、新しい年を良き年としてお迎えくださいなのか、

どちらか分からなくなったので、ググってみました。

そして、いろいろ見ていると、

『教えて!goo』にたどり着いた。



そこでされていた質問は以下の通り。

質問:「よいお年を」の意味を教えてください

「よいお年を」を、“新年一年間あなたにとってよい年になりなすように~”のように来年のことを指すものだと思っておりましたが、一昨年友人に「よいお年を」は“残りの本年をよい年にしてくださいね~”といったように今年のことを指すのだと注意されました。本当の意味はどうなのでしょうか?
引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/738713.html




それに対するベストアンサーは以下でした。

これは「よい年をお迎えください」を略したものですね。

この「よい年」そのものは「新年」のことでいいわけですが、それを迎えるためには、残り(今年)を無事に過ごす必要があります。そういう意味で「今年のことを指す」と言えるのではないでしょうか。

つまり、「よい年を迎えられるように、今年の残り最後まで無事にお過ごしください」ということです。

私はそう理解しています。




おー、なるほどね~と思ったのですが、
私にとって印象深かったのは、次の回答でした。


現代人には「よいお年を」の意味が分かりにくい、ある意味で幸せな社会になっています。

昔の日本では大晦日(おおみそか、12月31日のこと)を迎えるまでには沢山のしなければならないことがありました。(一部は今でも残っています)

1.支払い。昔は日用品をつけ(クレジット)で買い年末に清算していた。この支払いが出来るかどうかが庶民にとっては一番の心配ごとだった。
2.大掃除
家中のチリを払い、障子を張替え、畳を干す。最後に神棚や仏壇の拭き掃除。
3.すべてが終わると年越しそばを食べて一年の無事を喜びあい、新しい年が無事迎えられることを神仏に感謝しお酒を飲んだ。

年末に外出先で知人に会ったとき、これらのすべてのことを念頭に「今年もいよいよ終わりですね。大晦日を迎えるまでいろいろ大変でしょうが、お互いにがんばりましょう。どうぞ良いお年を(無事大晦日が迎えられますように、夜逃げなどしなくて済むように)」と挨拶したわけです。

こうして庶民は大変な思いをして新年を迎えたので
「明けましておめでとう」の挨拶に喜びと神仏への感謝の気持ちが込められていました。新年には何をさておいても、無事年を取ったことを氏神様に報告していたのが、現在の元旦の初参りの習慣の始まりです。

西欧でもHappy New Yearの挨拶はほとんど日本と同じです。本当に新年になってからはこの挨拶は使いません。年末最後に友人と別れるときに使います。1月2日に学校や会社で使う人もいますが少数派です。






これを読んでへ~と思いました。

これまで、なにげなく

新年あけましておめでとうございます

と言っていた自分であったし、

一時期は、

「どうせ年が変わるだけでしょ?それなのにいちいち新年の目標立てたりとか、心入れ変えたりとかわけわからん。人が決めた暦にすぎないのにさ」

とか思っていました。


だけど、昔の人たちは、年を越すのも一苦労。
つけを払って、新年の準備をしてと…。


そう思うと、確かに、新年を迎えられる喜びはいかほどだろうか。
「新年あけましておめでとうございます」という言葉の背後に
どれだけの喜びが込められているだろうか。



そう思うと、私も新しい年を迎えられるということがどれだけありがたいことなのかということが分かってきたような気がしました。

なんだか感動。

そして感謝。




今年はわけあって一人で年越し。

ちょっとさみしい気持ちもしますが、

新しい年を気持ちよく迎えられるように、よく備えていきたいと思っています。



さて、みなさん、2011年も残すところ5時間ほど。



悔いのないように、


そして、



新しい年を無事に迎えられますように!!!




2012年はどんな年になるんでしょうね。


そんなことに思いを馳せながら。。。


Hoppe
関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/239-4198ed1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カウンター