京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~書評「大学の宗教迫害 信教の自由と人権について」~
雨が増えてだんだん春めいてきましたね。

もうマフラーは必要ないようです。

あ。

あれも必要ないわ。

そうそうこれこれ

ストーブ

ストーぶっちぃです。

どうも。



先日、『大学の宗教迫害 信教の自由と人権について』という室生忠氏の著書を拝読しました。





大学の宗教迫害大学の宗教迫害
(2012/02/08)
室生 忠

商品詳細を見る


内容はまず、実際に被害にあった学生の書簡を記事にしたもの、

次いで、石崎淳一氏、米本和弘氏などの識者と著者との対談、

そして、アメリカで日本でいう“カルト対策”に関する指揮者であるアイリン・バーカー氏と著者とのインタビュー、

最後は福本修也弁護士に対する著者のインタビューです。



実際にアイリン・バーカー氏がどの程度の識者なのか、福本氏がどれだけ権威のある方なのか私は知りませんので、

そのあたりの信憑性に関して、コメントしにくいのですが、最初の被害の実態に関しては身近にそのメンバーがいることもあり、

非常に身近な問題に感じました。


特に、信教の自由を侵害してCARPをやめなければ、

就職に不利になるように計らうだとか、

ゼミへの所属を認めないとか…。

大学の教授が学生に対するアカデミックハラスメントに及んでいる実体験は、身に迫るものがありました。

中にはそういった現状がありながら、どうして声を上げないのか!というご意見もあるでしょうが、

大学生という予想以上に弱い立場にあることを加味すれば、声をあげれない現実を理解していただけるでしょう。



こういった対策を大学全体でやろうとしているのが、「カルト対策ネットワーク」という大学間のシステムのようです。

これには大きな前提があります。

成人前後の学生に特定の偏った情報を与えると自分の意思で考えることができず、

第三者によってその情報を管理されなければ、自立も独立もできないというものです。

つまり、その結果、一般的には個人の自由といえる“信教の自由”に対して、

大学が「子供たちは自分で判断できないからね」的な姿勢で、

学生におせっかいを焼くのには何か違和感を感じます。



ほんとうに、自分で判断できなくなるほど大学生は無能なんでしょうか?

無知なんでしょうか?



こういった観点から、アメリカでは人を拉致・監禁して身体的な拘束を加えることを通じて、

偏った情報を“注入”するのではなく、

本人が望むならば、多様な情報を提供し、本人の意思で選択させるという方法をとるらしい。



果たしてどちらが、人間の意思や個人の人格を尊重しているのでしょうか?



これは他者の意見に迎合することなく、自らの理性で判断しなければ!

そう思わされた一冊でした。

一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!

連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな



テーマ:大学 - ジャンル:学校・教育

関連するタグ
コメント
No title
くぼっさんコメントありがとうございます。

果敢なる挑戦大歓迎します(笑)
客観性を持って物事を見ようとする姿勢が大切だとは思いますが、結局、人間は主観性を離れてはものごとを見ることは不可能ですから、互いに違いがあることは理解したうえで歩み寄る必要があるように思います。
互いに「あいつは阿呆だ」と罵り合っているだけでは軋轢は解決されませんね。

しかし、同時に多くの被害をこうむっていることも事実ですから、そういった点は相手を否定する姿勢ではなく、自らの正当性を主張するという姿勢で向かいたいですね。
[2012/03/29 03:25] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

すいません、訂正です。
誤→反証証明がされたら
正→反証可能性が証明されなければ
たびたび申し訳ないです。
[2012/03/18 23:55] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]

科学と宗教
マインドコントロール理論は、客観性をもって多くの科学者によってすでに疑似科学(偽科学)であると証明され、論文まであるのに、反カルトの方々は主観的にマインドコントロール理論を「信じている」のではないか?と考えてしまいます。まるで宗教を信仰するかのように…。
科学は「知ること」であるので、科学自体を信じては危険だと思います。「疑い抜いて」追求するのが科学ですから、反証証明をされたらその理論は捨てないといけないです。科学は本来謙虚な学問なんですね。
僕も謙虚なひとになりたいな。
[2012/03/18 18:50] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/291-f0827f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。