京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~映評「幸福のスイッチ」~
今朝、洗濯物を干していて気づきました。

洗濯


あ。

やぶれてる。

ガーン(:_;)シクシクシク

長い間、使っているとどんなものも使えなくなってしまう時が来るんですねぇ。

気に入っていた服がほころぶっちぃです。



なんだか切ない導入ですが、この間「幸福のスイッチ」という映画を見ました。

この映画は題名の通り心温まる話でした。





幸福のスイッチ [DVD]幸福のスイッチ [DVD]
(2007/04/04)
上野樹里、本上まなみ 他

商品詳細を見る


舞台は蜜柑の香る山郷、和歌山。

ストーリーは日本らしい地味なものでしたが、なんだか心温まるものでした。

主人公稲田怜(上野樹里)の父親が経営する「イナデン」は利益度外視、お客様本位を貫く村の電気屋さん。

家族を顧みずに地域のために働く父の仕事に辟易していた怜は上京してイラストレーターを志すが、

上司との軋轢から仕事を辞め、姉の出産、父の怪我などをキッカケに実家の電気屋を手伝うことに。

ちゃらんぽらんな村の人々に、めんどくさい幼馴染、さらには父親の不倫疑惑まで飛出しフラストレーションはたまるばかり…

しかし、そんな中でもコツコツと父の仕事を見よう見まねで手伝い続ける中で、

今までは気づかなかった父の人柄や、村の人との交流に心動かされていく。


という感じの話でした。

いゃ~。

きっとハリウッドでは描けない物語のスケールの大きさですね(*^^)v

この映画のポイントは日本人誰もが経験するであろう「反抗期」のイライラと、

それを超えていく主人公の葛藤だと思いますが、ハリウッド映画ってこういう題材を映画の主題にするんですかね?


些細な日常に“幸福(しあわせ)”は潜んでいてそれを掴むために特別なものは必要ない。

気づくだけでいいんだ!

っていう日本の風土が非常に反映されてるといえそうです。

和辻によれば、日本は四季がめぐり、例え冬のような寒い期間がやってきても、

あるいは夏のような熱い期間がやってきても、そこを耐え忍べば、

春や秋といった過ごしやすい期間を迎えることができる。

楽観的な思考になりやすいそうな。

(参照:和辻哲郎『風土ー人間学的考察』

それに対して、西洋で育まれた文化圏ではキリスト教の影響が色濃く見られます。

考えてみれば、アメリカの映画ってドンパチやって、

幾多の試練や困難を乗り越えて、時には大切なものを失いながらも

最終的には劇的に幸福を掴む…なんて物語が多い気がしませんか?


…考えすぎか(@_@;)

いずれにしても、日本人の皆さんには非常に共感できる映画だと思います。

(日本人でないBlog読者の方々すいません)

もし反対意見等あればコメントくださいませ。


ぶっちぃおすすめ度

星5つ ★★★★★

一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな








テーマ:コメディ - ジャンル:映画

関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/298-6e66e55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【京大サークル CARP(原理研究会)】

今朝、洗濯物を干していて気づきました。あ。やぶれてる。ガーン(:_;)シクシクシク長い間、使っているとどんなものも使えなくなってしまう時が来るんですねぇ。気に入っていた服がほ
[2012/03/21 11:26] まとめwoネタ速suru

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。