京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天職とは何ぞや ~ブログ評「仕事力その1」内田樹~

いやぁ~。

昨日はどえらい風雨でした。

皆さんはお変わりありませんか?

今日は春雨がふったので、夕食は春雨でした。

春雨

春雨は大好物なので、喜ぶっちぃです。

はい。



今日はお気に入りの内田樹先生のブログを読みました。

内田樹の研究室 仕事力その1

短いのでぜひご一読あれ。










本文そのまま朝日新聞の記事だそうですが、

私は毎日しかとっておりません故、新聞ではなくブログで拝見いたしました。

内田先生は長年の大学教員としての経験と自らのフランスの哲学を土台に、

良く教育に関して様々な提言や批判をしたはります。



教育を専門に学び、教育の世界を志すものとして、

一般的な言説に対する批判的な視点を相対化する視点として大いに参考にしております。




この記事では、「適職」は100%自分の判断によって選択することができるという発想を否定しています。

意外ですか?

就職活動

わが京都大学でも近年キャリア教育という文字が見られるようになってきました。

私立大学ではキャリア教育に国立大以上に熱心だと聞きます。

私自身は、この価値を100%否定するわけではありませんが、

内田氏はそもそも仕事自体が「自分はこれをやりたい!」っていう自己主張から成立するのではなく、

「君、頼むよ」という他者からの依頼から始まるというロジックを使います。

確かに、英語では「天職」を“Calling”あるいは“vocation”という

“呼ばれること”という原義を持つ語で表現されます。

その労働観を端的に以下のように表現しています。


       「キャリアのドアにはドアノブがついていない」というのが僕の持論です。

       キャリアは自分であけるものではありません。向こうから開くのを待つものです。

                                   内田樹の研究室「仕事力その1」より



さらに、労働市場における「適職」という語は

『「自分が持っている能力や素質に対して一番高い値段をつけてくれる職業」のことだ』

と断言します。

そしてそういった発想はゆくゆく

最小の入力で、最大の利潤を得られるような生き方を推奨することとなります。

前提になるのは「損か得か」という損得勘定。

これは一方で非常に大きな価値を持っています。

一般に科学技術の世界ではこの発想は極めて普通ですね。

車のエンジンはより小さく、より少ない油で、より多くの出力を得ることが最大の価値ですから。



でも、本当に人間が根差すべき価値観は損得勘定だけでいいんでしょうか?

僕たちはこういった価値観を否定するわけではありませんが、

同時に「善か悪か」あるいは「義か不義か」という価値観も

同等に扱われてもいいのでは?



そこで“楽して得する”という生き方は絶対的な価値があるのだろうか…?と考えてみたときに、

ふと以前ブログでも書いた介護実習の体験を思いました。

京大サークル CARP “介護と悔悟。”2011.10.23

あの時のある先生の

「この仕事が本当に楽しい。この仕事が止められない。」

という言葉は先に挙げた“最小限の入力で、最大限の利潤”を

得られるゆえに発せられたんでしょうか?



新入生の皆さん。

そして就活や進路にお悩みの皆さん。

自分自身がどういった価値観に根差して進路を決めようとしているのか…。

ふと立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

もしかすると、気づかないうちに偏狭な価値観に縛られているかもしれませんよ(*^_^*)

僕たちCARPは後者の「善なる生き方」、「義なる生き方」を目指して活動していきまぁす。



一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな





テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ
コメント
No title
くぼっさんコメントありがとうございます。

内田氏の“天職”観には指摘していただいた実感の世界に関する問題点も指摘していると思いますが、同時に、哲学の「構造主義」という考え方に根ざして、“人間は独りで生きているのではなく、社会という“構造”の中で初めて意義や価値を持つ”という視点を提示している点にあると思います。

ちょっとわかりにくいかな?

でも説明し始めると長くなりそうなので今度書評の形で紹介するか、個別で対応したいと思います。

もし、ご自分で学びたければ内田樹氏の「寝ながら学べる構造主義」をお勧めします。
[2012/04/05 05:17] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

No title
あきばおーさんコメントありがとうございます。
楽しみにしてくださる方がいるというのは、
本当にブロガー冥利に尽きるというものです。
これからも頑張りますので、お楽しみにぃ~」。
[2012/04/05 04:38] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

No title
頑張って書いていらっしゃいますね(笑)。「~ぶっちぃ」、楽しみにしています。
[2012/04/04 20:46] URL | あきばおー #- [ 編集 ]


たしかに、仕事って自分が選ぶというより、「これ、お願いね」って頼まれる感じだよね。
仕事をこなしているうちに、やる気が出て、技術もついてきて、「天職」のごとくプロフェッショナルになっていくように思う。

余談です。内田樹さんの本を2冊読んだんだけれど、話がよくわからなかった。なんでかな?
[2012/04/04 18:51] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/308-34c7fc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。