京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子愛 ~書評「プーさんの鼻」~
お元気様です。

最近更新が遅れてすいません。

今後もがんばってアップします。

先日、早朝サッカーの予定でしたが、アイツのせいで中止になりました。

アイツって誰って?

もちろんアイツです。

さくら 雨

雨つぶっちぃです。



今年は開花の遅れた京都でも、ぼちぼち花見の時期は収束に向かいそうです。

先日、マイブームの俵万智さんの「ぷーさんの鼻」という本を読みました。

俵万智さんは「和歌をよむ」に引き続き二冊目ですね。










歌人で有名な俵万智さんですが、

実は彼女、twitter(twitter:俵万智)もやっていて、最近フォローしています。

日常の小さな気づきを、現代人になじみやすいポップな表現で読んでみせる彼女ですが、

今回は親子の関係性を歌にしたものがたくさん収録されているということで、読んでみました。


プーさんの鼻 (文春文庫)プーさんの鼻 (文春文庫)
(2008/12/04)
俵 万智

商品詳細を見る


表紙と題名からなんだかかわいらしい雰囲気が漂っています。

良かった歌をいくつか引用します。




親の愛と責任というテーマで集めてみました。


   腹を蹴られなぜかわいいと思うのか よっこらしょっと水をやる朝

   幾たびも子にかまれたる右肩のみみず腫れ、いや薔薇の刺青

   自分の時間欲しくないかと問われれば自分の時間をこの子と過ごす

   夜泣きするおまえを抱けば私しかいないんだよと月に言われる

   プラタナス今年も咲けりみどりごのいない暮らしを我は忘れて



1首目は生まれる前のことですが、

どうしてまだ見ぬ子どもにさえもたとえ自分が蹴られるようなことがあったとしても

そこに愛情や喜びを見出してしまうのでしょうか。

2首目もすごくイメージできますね。

子どもが噛みつくことでついてしまったあざが、

親の愛の心で見つめたとき、薔薇の刺青に見える…

挙句の果てに、客観的に見れば、自分にとってマイナスでしかないようにも考えられる子供との時間も

一人でいる時間を割いてまで、子どもと共有したいと思わしめる…。

どれも吾子を愛する気持ちであふれていますね。

しかし、4首目を見ると、その感動は責任とも背中合わせのようです。

でも、きっとその苦労は喜びなんでしょうね。



今度は成長をテーマに。


   子を真似て私も本を噛んでみる確かに本の味がするなり

   生きるとは手を伸ばすこと幼子の指がプーさんの鼻をつかめり

   昨日すこし今日もう少しみどりごはもこむくもくむく前へ進めり

   子を抱き初めてバスに乗り込めば初めてバスに我が乗るごとし



これは子が生まれたことで、自分自身が成長変化していることを実感させる歌です。

子育ての中に「生きる」なんて壮大なテーマを盛り込みながら、

固くならずに「プーさん」というポップなワードで温かみを与え、

「もこむく」なる擬音語?擬態語?がなんとも一生懸命な赤ちゃんの姿を想起します。

子供の成長は親の成長だと諭してくれるかのようです。




またこんな歌もありました。

「年末の銀座を行けばもとはみな赤ちゃんだった人たちの群れ」

これを新歓期、勧誘を頑張っている皆さんに

「新歓期キャンパス行けばもとはみな赤ちゃんだった人たちの群れ」

さらに


   一人遊びしつつ時おり我を見るいつでもいるよ大丈夫だよ

   叱られて泣いてわめいてふんばってそれでも母に子はしがみつく

   何度でも呼ばれておりぬ雨の午後「かーかん」「はーい」「かーかん」「はーい」



今となってはほとんど忘れてしまっていますが、自分たちも小さいころから

こういった親の愛情を受けて育ってきたんですねぇ…。

私個人は弟4人という大家族だったので弟のことを思いだしながら読んでいましたが、

よくよく考えてみると自分自身も可愛がられ愛されてきたんだなぁと。



きっと子どもの生まれる時の喜びはこんな感じなんでしょうね。


   バンザイの姿勢で眠りいる吾子よ そうだバンザイ生まれたバンザイ



もちろん、恋愛系のものもありましたが、個人的には親子関係の歌が最高に良かった。

久々に本で泣きました。

ぜひ、お読みください。




ぶっちぃおすすめ度

星5つ ★★★★☆



一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな



テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/317-e9bb1099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。