京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「生き方」と占い
お元気様です!コロスケです。


「混迷の時代だからこそ生き方を問い直す」。


稲森和夫さんの言葉です。


僕も将来を考えているこのごろ。

そんな時に思います。

将来のビジョンを定めるには、「自分とは何か?」という問いに対してどう向き合っていくか が大事だな、と。






さてさて、

こないだサークルのメンバーと話していて、人には右脳タイプと左脳タイプとやらがあるという話が出てきました。

参照URL





どうやら、手の組み方と腕の組み方で4つのタイプに分類されるらしい。

これがどこまで信頼性のあるデータなのかは分かりませんが、とりあえずみんなやってみて盛り上がりましたね





けっこう 日本人って占い好きですよね。


ここからは現実主義的な発言が増えます!占いが本当に好きな人は読まないでください!!





星座占い、血液型占い、動物占いなどなど・・・



こういうのって

けっこう当てはまっていたりして、

パーティなんかのネタではよく使われるのではないでしょうか??





占いがあれば、毎朝、星座占いでランク付けされてラッキーアイテムを知ることができます

なんてすばらしいのでしょう!!!




僕も、占い好きですよ







でも、なんで日本人ってこんなに占いが好きなんでしょう?


この「日本人」というくくりは曖昧な表現なんで、あまり細かいことは気にしないでください。





まぁ「好きなもんは好きなんだ」っていう答えが一番適切だと思うんですが、あえて不毛なことを考えてみる京大生。







思うに。

日本は多くの人が関係性の中に自分を見出すのではないでしょうか?




自分の居場所が定着するとすっきりするし、それがないと居場所を求める。

ここでいう「居場所」は「アイデンティティ」と同義です。





キリスト教の信者は「私は神の子だ」という居場所が確立しているわけですが、あんまり宗教色がない人はピンと来にくい。


自分ってなんなんだ!なんとか自分を構造化した枠にはめ込みたい!

ってことで、


そんな人にぴったりなのが占いというツール


このツールを使えば、誕生日とかで、12種類ぐらいの定められた枠にもれなくグループ分けしてくれる。

そこで「あ、そうそう自分ってこんな感じ!」みたいにグルーピングを肯定すると、居場所が与えられる。


さらに、

動物占いとかは相性まで決まっているから、「あ、君ライオン?私とよく合うわね!!」みたいに、相対的な関係性の中での居場所もついでに与えられる。


なんて居心地がいいんだ!!ヽ(*´∪`*)ノ"


っていう気分になる。



でも、

逆に、定められたグルーピングに対して「え?何これ?根拠は?」みたいな態度を取る人には居場所は与えられない。


居場所を求めたい人であればあるほど、その占いを信じたくなる。



というロジック。


どうでしょう?






心理テストが好きな女の子も、あるあるネタが好きな人も、実はそんな心理が働いているかも。



でも、四柱推命とかのマトリックスは統計学的なデータみたいなので、別に占いの妥当性を否定しているわけではありません。







でも、

私は何なのか?という問いに対して、誕生日やら血液型やらを入力すると自動的に答えが出力されるっていうのは

、楽チンだけど、あんまり本質的ではないと思います。


その問いの答えよりも、答えを得るまでの過程が大事なんじゃないでしょうか?



自分でとことん問い詰める作業をしていく中で、なんか自分のビジョン目標も見えて来る。


占いで自分を分析して、将来を決める人はちょっと危ないです。




久しぶりに真剣に記事を書いてみました。


いじょう。




一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな

関連するタグ
コメント
No title
まぃまざぁは結構占い好き。

息子の教育のこと、天職のこと、人間関係のこと…。
いろいろ聞いてみるそうです。変わってますよね?
ずっと変なの。
と思ってたのですが、よくよく聞いてみると。


でも、占いに左右されているというよりは、自分の中で考え抜いた末、残った選択肢をどのように選ぶか…
そういうときに参考にする一つの基準として用いているそうです。

自分たちもさまざまな選択をするとき、いろいろなメディアから情報を得ますよね?
今であれば、FacebookやTwitterなんかも含めて、TV情報、学校で習ったこと、友人知人のアドバイス…
いろんな情報がある中で、それらを精査して自分たちは選択をしていく。

その中の選択肢の一つとして利用するならむしろ面白いのではないかなぁと思います。
[2012/04/19 16:51] URL | ななしのごんべ #- [ 編集 ]

No title
確かにまじめだw

占いは自分のことを教えてくれるんじゃなくて、自分を作るんじゃないかな。
占いが勝手に作った「自分像」を見てあーだこーだと言う分には、本当の意味で自分と向き合うわけじゃないから楽だろうね。

本質的ではないかもしれないけど、まあ娯楽娯楽。

…でも、自分の頭でしっかり考えないで人生を決めてしまうってのは案外ありそうだなあ。
[2012/04/17 10:06] URL | No name #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/318-47f1ecd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター