京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

つぶやき。
お元気様です。

今日も陽気になりそうですね。

実は今twitterで毎日今日の季語というのを呟いていらっしゃる方をフォローしているのですが、

季語っていろんなものがあるんですね。

先日、“草餅”なんてのを見つけました。

草餅

他にも「蓬(よもぎ)餅」「母子餅」と言ったりもするそうです。

日常にあふれていることばの中から季節を感じる…。

素晴らしいですね。

ちなみに、私は小豆狂でして、

三食よりも小豆。

寝るよりも小豆なのです。

本日の“つぶやき。”は小豆大好き

小豆らぶっちぃがお届けします。

あ。

これでは“花より団子”か(・_・;)汗゛




先日、“京都・祇園の自動車暴走事故”が起きました。

普通の大学生活を送っていたのですが、twitter上で大学の友人が、

「祇園で大事故。みんな大丈夫?」という友人のつぶやきを見てその場でググってみると…

何と!

歩行者7人が死亡。

衝撃でしたが、そのすぐ後。

メールがピンピロリン♪

メール着

なになに…



        祇園で事件?事故?あったみたいだけど、大丈夫??
        巻き込まれてない??


        心配(ノ_・。)



との先輩からの連絡。

うおぉぉぉ~。

感動。



遠く離れていても相手を思いやることはできるんですね。

普段は気にしていなくとも、そういった暖かい思いやりの中で生かされていることを実感します。

日々何気ないことから感謝する生活が大事かなと。



春のうららかさとは裏腹な凄惨な事件でしたが、

これを期に一人一人が死について、

生について考えるべきだと思います。

話は飛びますが、昨年亡くなって話題になったスティーブ・ジョブズは

スタンフォード大学でのスピーチでこう述べています。

ジョブズ

 <原文> When I was 17 I read a quote that went something like"If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right."It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself, "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "no" for too many days in a row,I know I need to change something.
引用もとはこちら

 <邦訳> 17歳のとき次のような一節を読んだ。「毎日を人生最後の日であるかのように生きていれば、いつか必ずひとかどの人物になれる」。私は感銘を受け、それ以来33年間毎朝鏡を見て自問している。「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」。そしてその答えがいいえであることが長く続きすぎるたびに、私は何かを変える必要を悟った。
引用元はこちら



日々、人生最後の日だと思うほどに情熱を傾けた生涯だったからこそ

ジョブズはあれだけ質の高い仕事を続けることができたのかもしれないですね。

若い間は“死”について考えることは少ないかもしれません。

でも、少なくともジョブスが若き日に読んだ文書の一節を人生の指針にしたように、

私たちも若いうちに人生の軸や、信念となるような価値観を持ちたいものです。

ぜひ一緒に将来への展望や信念について語り合いませんか!?



一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな








テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

関連するタグ
コメント
No title
くぼっさんコメントありがとうございます。

ジョブズもモノづくりにおける情熱や信念の世界は父親から多くを学んだそうです。
“三つ子の魂百まで”と言いますが、本当に大切ですね。

現代教育の問題の一つとして、“自由”や“個性の尊重”といった言葉を並べ立てて、人格モデルや人生モデルをどこにも見出せない文字通りの巧言乱得状態に陥っていると指摘できそう。

以前、ブログに書いた気がしますが、“沈黙は金、雄弁は銀”と言いますが、言葉以上にその後ろ姿が重要なんでしょうね。
背中で語るというヤツでしょうか。
[2012/04/19 11:13] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

死生観
どういう「死」を迎えたいかで、人生を「生きる」姿勢ややる気が変わる。
死生観。現実は「生」が先に来るけれど、本質は「死」が握っている。
ぼくは幸いにも幼いころに信念の種というべき生き方を父親から学びました。
親に感謝しないといけませんね。
[2012/04/18 18:46] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/319-3bc63bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カウンター