京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生懸命~書評「生き方」~
こんにちは。コロスケです。


最近、京大では過去問共有サイトとか、楽勝科目を紹介しているサイトを持つサークルなんかができていて、

例年以上に人があふれかえる授業が出てきて、途中から履修制限をかけざるを得ない状況があるみたいですが、

いやはやメディアの人を動かす力は恐ろしいものですね




今日はぼくも初めて書評を書いてみたいと思います(^^

生き方



京セラやKDDIの企業経営者として有名な稲森和夫の生き方


私事ですが、将来のことなども考えるようになり、手に取ってみたこの本。



けっこう前には話題を呼び起こしていた本でしたね







稲森さんについては自分自身もそこまで詳しいわけではないですが、この本からは非常に感銘を受けました


概ね言われていることは成功哲学を説いている人の言っている内容と同じ感じなのですが、


いつの時も「人間として何が正しいのか」という原理原則に則ったシンプルな生き方は、今の時代を切り開く新たな智慧を与えてくれそうです。



稲森さんは社会の様々な不和や経済の混乱の原因は人の自己中心性にあると見ています。

財や才能、地位、権力を私物化してしまっているところに問題があると言われていました。




稲森さん自身は利他の思いで、ただ社会をよくするために会社が損をしたとしてもいいと思って経営されているそうです。

京セラの経営理念にも「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類社会の進歩発展に貢献する」とあります。
大きな団体と多くの部下をもっているほど難しいと思いますが、すべての判断基準を「人として何が正しいのか」という原理原則において終始一貫して生きている姿はまさに義人です。







そして、よいことをすれば良いことが返ってくるという因果応報の法則が、誰に対してもはたらくという法則に確信を持たれていらっしゃいます。


それを確信に至らしめたのは、稲森さん自身の弛まない努力であったと思います。

本書では、「一日一日をど真剣に生きる」ということを強調しておられました。




稲森さんの人生の成功はひとえに誰にも負けない努力と、見返りを求めない利他の心でありました。








成したいことを強烈に思い続けると現実化する。


確率論とかを持ち出すと、念じたところでサイコロの6が出る確率が上がるわけがないと言われるかもしれませんが、実際そのような念力実験などもあるみたいです。

根拠も理屈もないことですが、世の中の科学では証明できないことを非科学的とまとめてしまう研究者は、何も研究することができませんね。





本書の内容全体が全然ロジカルでないし、稲森さん個人の人生を根拠としていますが、

確率論で将来を決められた生き方より、"可能性"を見せてくれる稲森さんのような生き方をしたいと思わされる一冊でした^^
関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/322-d306c43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。