京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大・京大論のゆくえ
お元気さまでうs


コロ助でうs。



桜も葉桜になり、気温もすっかりぽかぽかしてきましたねヽ( ´¬`)ノ


京都では明後日なんか27度にもなるみたいです。東北の真夏並みですね



さてさて、

京大の新歓期のサークル勧誘は今週も熱く行われていますね!!


つい数年前まではそれぞれのサークルが色んな味を出しており、ビラがパズルの人とか、京大軽音の人、ボヘミアンなんかはサークル勧誘という名目の芸術みたいなものを輝かせていましたね。


新入生が使っている4共の教室には未だに圧巻されるほどのビラがカオスをなしていました


そういう風景も自由の学風をもつこの京大の個性ではないでしょうか??



毎週月曜に京都大学の歴史」という授業を取っています。一般教養だけど。




人気講義なのか、来る学生の数はなぜか回数を経るたびに50人ぐらい増えてゆき、今日も360人ぐらいいました。

かなり単位取得は難しい教科だと先生は毎回告知するのですが・・・



でも、けっこう興味深い内容だったので、紹介します!


上にも書いたとおり、京大「自由の学風」というテーマが掲げられており、「京大といったら自由」というようなイメージを持っている人は多いんじゃないかと思います。少なくとも京大周辺の大学生は。



でも、国立大学、特に旧帝大は国家機関として設立された大学がほとんどで、「○○大学といえば」というテーマを持った大学は珍しいらしいです。


なんでこのようなテーマというか、イメージを持つようになったのでしょうか?





今回の講義のタイトルは「自由の学風の源流」でした。


京都帝国大学が創立されたのは1897年で、当時は帝国大学といったら東大しかなかった時代でした。



しかしこの頃、東大は他に比肩する競争者がいなかったので、教員たちの学理を求める気概が退歩してゆき、名だけが輝いて実質的にはモチベーションの危機状態にあったようです。


そこで、「関西に帝国大学を新設する建議案」というのが提出されて、天皇の勅令により京大が建てられました。


大学の趣旨が書かれた当時の資料には次のように書かれています。

「当大学は東京帝国大学の支校にあらず又小模型にも非ず全くの独立の一大学なり已に一大学とせば固有の生存を有せざる可らず固有の生存を為すには独特の資性を具へざる可らず・・・」


京大が建てられる当時は、京大は東大の小模型になるだろうとの風評があったのでしょうか?

ともかく、これで京大は歴代、東大には持ち合わせていない特有の個性を重んじるようになり、多くのノーベル賞受賞者を輩出してきました。

その精神は今の総長にも受け継がれているようです。






と、ここまではいいのですが、



思うに、


いつから東大・京大の対立構造が生まれたのでしょうか?



ぼくの受験時代は、東大・京大は別格扱いされていた記憶があり、

確か東大・京大・医学部合格者で高校のランキングが出されたりしていました。


当大学の教職員や、大学入学を志望する人にとってこの2校のどちらが優れている大学かというのは気になることでしょう。


しかし、入学者にとっては大学の順位争いは不毛な争いにすぎないと思っています。




大学生にとってはどちらがNO.1であるにせよ、やることは勉学に励むのみなのですが、大学がNO.1を目指しても、あまり学生のためにはならないと思います。


これは与党・野党の対立構造と似ている所もあるかもしれません。票を得ようと良い政治を目指す。手段が目的化しているわけです。



たいてい、どんな競争でも1番の人は地位が落ちないように努力し、2番の人は地位を求めることが目的となりやすいです。

それで、NO.1になった大学の学生が傲慢になってしまっていたら、そんな対立構造は本当に不毛です。


京大でも、「どうだ!京大生だぞ」と自己主張して、やるべきことを怠っている人が少なからずいるのではないでしょうか?




地位は相対的な尺度です。

地位を求める以上に、もっと本質的なことを追求する大学にしてゆきたいですね(^^




一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな
関連するタグ
コメント

「良き競争相手」という観点なら競争もいいと思いますけどね。

特定の学術・研究分野に限って言えば、競争力が躍進の力になることは、米露の"スプートニク・ショック"よろしく、十分にありますから。

問題は競争が事故と目的化することにあると思います。
不毛な争いに見えるのは優越性を他者に示そうとするところに原因がありそう。

何はともあれ、大学がより良い研究・教育期間となることを祈るばかりです。
[2012/04/26 09:02] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

ほんらいの目的
納得です。
大学を始め、教育機関は「優秀な人材を育成する」という学校としてのほんらいの目的を真っ当してほしいですよね。
[2012/04/25 23:31] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/324-a62e7840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。