京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にジブリたい今日この頃。
みなさんおはようございます。

いやぁ~

夏休み以来でしょうか。

お待ちどうさまです。

(待ってないか)

なんだかんだで、まだ日中の日差しはポカポカするものの、

スッカリ秋の装いになってきました。

先日、大学からの帰宅途中に木登りをしている黒い人影を発見!

「さすが京都。えぇ歳になっても木登りを愛でる風流な気質をもっているのだなぁ…」

と思いながら通り過ぎるその瞬間。

あ痛っ!!

なんじゃこの球形の物体は…

あ。

銀杏。

あの人は銀杏取ってたのね(゜_゜>)

銀杏

気づいていないだけで、日常の些細なところに秋はやってきているようです。

せっかく、季節感のしっかりとした日本に住んでいるわけですから、

時の流れに伴って装いを変える自然の機微に気づくことのできる

そんな感性を磨きたいものです。




もうすぐもみじが赤らぶっちぃです。

(赤らぶ:赤みがさす、赤くなる)

立ち上がってドヤ顔
(立ち上がってドヤ顔の図)



長い間沈黙を守ってきましたが、再び執筆活動にも精を出そうと思います。

前期の最後にふわっと(自分の中で)流行りましたジブリについて考察したいと思います。

では、いってみよー。







前期の内に「紅の豚」や「天空の城ラピュタ」。

最新作の「コクリコ坂から」や「崖の上のポニョ」等を考察してきました。

おさらいしたい方はコチラ↓

ジブる。~映評「コクリコ坂から」~

今日もジブる~映画「崖の上のポニョ」~2012.7.21

またまたジブる。~映評「紅の豚」~2012.7.28

無事ジブる。~映評「天空の城ラピュタ」~2012.9.3



さて。

これまで、ヒット作品をガンガンに打ち出し続けてきたスタジオジブリですが、

一体どの作品が一番素晴らしいのでしょうか。

映画だと評価基準が人によってまちまちなので何ともはっきり言い難いですね。

ということで、京大CARPでともに活動する皆さん総勢17名に訊いてみました。

以下がそのアンケート調査の質問とその結果です。





問い

あなたが最も好きなジブリ作品はなんですか?

その作品を一つ(難しければ最大二つまで)挙げてください。




[解答例]

もののけ姫、風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタ、ハウルの動く城、

となりのトトロ、コクリコ坂から、千と千尋の神隠し、借りぐらしのアリエッティ

などなど

この中で第三番目に多かったのは…



「天空の城ラピュタ」

3票獲得で全体の17.6%

やはり不朽の名作は強いですね~。

ラピュタは物語のスケールの大きさと冒険心をくすぐるトレジャーハンティング的要素が

その支持の理由でしょうか。



続いて第二位は…

「風の谷のナウシカ」

3.5票獲得で全体の20.5%

スタジオジブリ・宮崎駿を一躍スターダムへと押し上げた作品。

人類の進歩主義に疑問を投げかけ、

再考を迫る世界観はファンタジーながらも視聴者に既視感を抱かせます。

また、救世主的に描かれたナウシカの白い雲のような潔白さ、

青い空のような包み込むような包容力に心打たれた人も多いでしょう。




そして、気になる第一位は…




「もののけ姫」

全体の内5票相当を稼ぎ29.4%もの割合を占めました。

おぉ。

第二位のナウシカ同様、自然(本作では神々)と人間という対立構造は基本的に変わりません。

大きく違うのはナウシカがそういった争いや軋轢に一つの解答をもたらしてくれるのに対して、

もののけ姫はより複雑。

何が善で何が悪なのか。

ヒロインであるサンが人と「神」の狭間にいるという設定も

その境界のあいまいさを象徴しているといえるでしょう。



ところで、芸術作品を評価する場合、作品のの濃さというか、

複雑さというか、作り込み具合というか「意味」とは違った

価値尺度である「強度」という概念を用いることがあります。



これは正しいかどうかという物語の「意味」ではなく、

その瞬間に視聴者に与える瞬間の「濃さ」を価値視しようとする考え方です。




…難しくなりましたね。

この「意味」と「強度」に関する論考を紹介しているHPを発見しましたので、

紹介しておきます。

(解説)意味と強度

―――名言と愚行に関するウィキさんを参照





世の中は複雑です。

もうあれもこれもいたるところに問題や悩みに満ちています。

かつてはそういった苦痛に答えを与えてくれる「意味」に魅かれていったのに対して、

現代ではそういった答えとなる「意味」を無理に探すのではなく、

苦悩するその苦悩の度合いを「濃密」に表現したものが評価される…

そんな時代になってきたといえるのかもしれません。




単純な物語の「強度」だけで行くと「ハウルの動く城」は

かなりの「強度」だと思いますが…。

私の所感としては、おそらく「強度」が強すぎて、

視聴者がついていけないのではないかという気がします。

…おいおい分析できればと思いますが。

うぅーむ良くわからないですね。

ニーチェの思想と関連しているようです。

私が理解し切れたらまた整理して書きましょうか…。





おっと最後に全体のアンケート結果を円グラフにしたものを掲載します。

ジブリアンケート




さて、今日から新しい一週間の始まりですねー。

良い一週間を!



テーマ:映画 - ジャンル:映画

関連するタグ
コメント

くぼっさんコメントありがとうございます。
人間の醜さみたいなものをリアルに表現してますよねー。
[2012/11/15 10:18] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]


僕ももののけ姫が一番すきですね。登場人物の人間描写が生身の人間らしいのが、いいです。清濁合わせた感じね(笑)
[2012/11/06 16:35] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]


アンケート結果の円グラフがかわいくて気に入りました!!
やはりもののけ党強しですね~
私は一番を決められません!どちらかといえば「ハウル・ポニョ・千と千尋・紅の豚」といったキャラクターの濃さかわいさ重視派ですw
新しい作品ほど映像もきれいですし^^
[2012/11/02 12:22] URL | チップ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/394-e1420416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【久々にジブリたい今日】

みなさんおはようございます。いやぁ〜夏休み以来でしょうか。お待ちどうさまです。(待ってないか)なんだ
[2012/11/02 23:16] まっとめBLOG速報

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。