京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大学のカルト対策」
お元気様です!


テスト期間が始まり、図書館の前の自転車の数がおびただしくなる時期になりましたが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?


【受験の心得】巻の1
受験生のみなさん、
良い子は日々の手洗い・うがいに信念プライドを持ちましょうね



-解説-
いきなり始まりました。【受験の心得】シリーズ。
これから毎回、僕が受験の時に心がけていたことを紹介したいと思います。
参考になるかは保証できませんが、悪しからず。


あれ?「保障」だったっけ?まぁ、いっか。





手洗い・うがい だけでなく、日々の健康管理に気をつけましょう('ω'*)




これはけっこう大事なことで、
雑誌「PRESIDENT」で読んだ気がするのですが、
年収1000万越えの方々が共通して意識していることの一つに、健康管理がありました。




なんでも、常に自分のコンディションを最高に保って仕事を行うことが大事だそうで、
病気にならなくても、体調が悪いと効率が下がるから、
面倒に思えるような毎日の細やかな健康管理が、実は近道になったりするらしい。


無理しすぎる人は特に注意!!m9






本題。


去年の年末に「大学のカルト対策」という本が出版されました。


大学のカルト対策 (カルト問題のフロンティア)大学のカルト対策 (カルト問題のフロンティア)
(2012/12/06)
櫻井 義秀、大畑 昇 他

商品詳細を見る



どんな本かって?
序文の一部を紹介します。

なぜ「カルト対策」が難しいと認識されるのか?
「カルト」の定義が学問的に可能か? 「カルト」と宗教は同じものか、違うものか? 宗教学や宗教社会学において学術的に認められた見解はあるのか?
もし、カルトと宗教の区別が原理的にできないとしたら、「カルト対策」は憲法20条で保障された信教の自由を侵すことにはならないのか?
理念はわかるが現実的には大学が対応可能な守備範囲を超えた問題なのではないか?
こうした疑問に一つ一つ丁寧に答えていく。





かなりコアな疑問です。



カルト対策が是か非かの議論になる核心的な論点は

いわゆる「カルト」に誘われると、マインドコントロールによって、適切な価値判断ができなくなり、
宗教選択における自己決定権が奪われてしまう。
だから、勧誘される前に正しい情報を伝えておく必要がある。


特定の宗教を「カルト」と称して、個人が入信するかどうかという問題に大学が干渉するのは思想・信条の自由の侵害である。



おおよそこんな感じでしょう。

結局、
「カルト」って何?どの団体がカルトで、どの団体が非カルトなの?

という問題が明確にならないといけないわけですね。
「カルト対策」として対策すべき対象が定まっていないと、
そもそも「カルト対策」で何の対策もできなくなってしまいます。




この本に「カルト」の学術的な意味が載っています。

1920年代~:社会科学者の用法:主要な宗教伝統に属さないアメリカ発生の新宗教
1930年代~:福音派牧師の用法:異端的キリスト教(モルモン教、エホバの証人など)
1978年(人民寺院事件)以降:マスメディアの用法:社会問題化する新宗教
「カルトは宗教ですが、一般に宗教とみなされている団体とは区別される特徴があると考えられています」




学術的に「カルト」を定義づけることはできないことは以前も紹介しました。

全ての言葉に厳密な定義付けが必要だとは思いません。
しかし、その言葉の定義によって損害を受ける人がいる場合、定義は厳密にする必要があります。
例えば法律の世界では、言葉の定義によって裁かれるか否かが左右される場合が多いにあるので、
言葉の定義が厳密にされています。
同じように、特定の教団がカルトに分類されるか否かは、その教団の信者にとっては非常に大事な問題になります。



著者の結論

著者の櫻井義秀氏は宗教学の研究をされている方で、カルト問題についての研究もされておられる方です。
(参照:北海道大学 大学院文学研究科・文学部
その櫻井氏がこの本で出している結論は

1.現実にはいかなるカルトの信者であろうと、100%マインド・コントロールされているとも、100%自由意志で行為しているとも言えないものです。
2.同じ教団であっても、単純に騙された、あるいは自分の判断だけで選んだという回答はない。
3.個人ごとに固有の選択がなされた状況・文脈がある。そこをしっかり見て判断することが必要。
4.問題となるのは正体隠しの勧誘、不安を煽る教え込み、法外な献金や要求、虐待など。カルト論争という抽象的な議論では決着がつかないことでも、具体的な問題状況ではおのずから当否が明らかになるものです。事例に学ぶことが重要です。







1と2によると、
マインドコントロールによって「騙された」「宗教選択の自由が奪われた」とは言えないことになります。


3と4は矛盾していますね。
3は、個々のケースに対して「どう誘われたのか、何を教えられたのか」などをしっかり吟味する必要がある、ということです。
一方、4で言わんとしていることは
「どの団体がカルトかどうかなんて、言葉の定義がなくても、その団体が過去どういう事件を犯したかを調べれば一目瞭然だぜ」
ということでしょう。軽いノリですいませんorz


これでは、個々の文脈・状況の吟味をすっ飛ばして、「過去にどういう問題を起こした団体か」ということだけを考慮することになります。




もし、過去に問題を起こした団体を「カルト」というなら、
キリスト教も免罪符をするような腐敗した時があったし、
イスラム教も一部がジハードといいつつ虐殺行為を繰り返したので、
キリスト教やイスラム教も「カルト」に分類されることになります。



んなアホな(´ω`  )



仮に、オウム真理教などの重大犯罪を犯した団体であっても、
国の機関である国立大学が特定の宗教を排除するのは、
信教の自由の侵害であり、政教分離原則に反します。



今日の結論

こういう内容を書くといつもダラダラ書いちゃうので、今回はここまでにします。

結論としては
・どの団体が「カルト」かを定義づける明確な基準はない。
・過去どういう問題を犯したかによって「カルト」かどうかを定義づけることもできない。
・「カルト」が定義されないと「カルト対策」は宗教迫害になりかねない。



ということです。





当事者でないと、こんな議論に価値を感じないですよね。
でも、こういう問題は外国の方にとっては特異に見えるようです。
アメリカ国務省が発表した国際宗教自由報告書(2011年度版)には次のように書かれています。


宗教的な帰属、信条、または実践に基づく、社会的な侵害または差別に関する報告がわずかながらあった。

(中略)

「統一教会はまた、日本全国の大学で行われたカルト防止ワークショップおよび運動が、同教会の関連団体に近づかないよう学生に呼びかけており、同教会の会員である学生にとっては厳しいキャンパス環境が生まれる一因となったと主張した。」




これを社会的な侵害または差別に関することと捉えられていない日本社会は、宗教に対する意識があまりにも薄いと言えるのではないでしょうか。



つづく。



一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな

関連するタグ
コメント

安易なレッテル張りに対する敵愾心を持ち、CARPのメンバーに対する拉致監禁の対策は充分すぎるほど充分に行うことが大切だなと思います。

人間は良心だけでなく邪心も持ってしまっているわけで、自戒とともに周囲への注意が必要なんだな(^_^;)、と考える次第です。
[2013/02/05 14:52] URL | くぼっさん #- [ 編集 ]


いつも良質の記事をありがとう。

しかし、保証ぐらいは辞書で引こうぜ(笑)

「カルト」と呼ばれるのには活動理念やその活動そのものが、CARPを知らない人たちに周知されていない点にも問題がありそうです。

もちろん、知らないからと言って勝手にレッテル張りをしてよいという論理には当然なりませんが。
これからは、私たち自身がどんな活動をしているのか、あるいはどういった人がCARPに所属しているのか、先生方や学生にもある程度知ってもらう必要があるかもしれませんね。

何も恥ずかしいことやってないんだから。
CARPerたちよ!
胸を張れ!!

自戒。
[2013/01/30 15:42] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]

カルト対策について
太陽さん、コメントありがとうございます!

大学によっては、担当教授にカープを辞めるよう恫喝されるところ(東北大学)や、大学側が呼び出すところ(千葉大学)もありますからね・・・
幸か不幸かカープのコミュニティは密ですから、なんとか解決する道筋が見えたらいいですね。
[2013/01/30 00:29] URL | コロ助 #- [ 編集 ]


こういった現状は非常に遺憾ですね。
敢然と立ち向かいたいものです
[2013/01/29 17:49] URL | にんにく #- [ 編集 ]


はじめまして!
福大CARPの太陽です(^-^)

日々の体調管理大事ですね(>_<)
気をつけないと!!

カルト対策については
分かりやすくて
すごく参考になりました。

もっと知っていかないと!
[2013/01/29 12:38] URL | 福大CARP:太陽 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/407-2dfebecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。