京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の性教育について


おーーーー久しぶりの登場だーーー!!


Onです☆
最近四回生になりました。早いものですねー!!
私も就職活動も終わって、埼玉にいくことになりました!!



どこに行っても笑顔でがんばりますね!!



最近の好きな食べ物は オムライス デス!!




ということで今回は定例研にちなんだ内容で



日本の性教育について調べました!!












性教育についてみなさんはどう考えますか??




結婚生活や家庭を持つことも


赤ちゃんを産むことも


akatyann.jpg
kawaii!!


幸せな家庭を築くことも


TPG07541783.jpg
so good!!






若い頃の価値観や、性教育の延長にありますよね。






そう思うと性教育ってとても大切なんだと私は感じます。




それが今はどうなっているのでしょうか


胎児の置き逃げも多発し

3組に1組は離婚し

2013rikon.jpg


中高生の性体験も増えてきていますね

諸効率
参考 東京都幼稚園・小・中・高・心障性教育研究会:2005年調査 


※リソースが少しわからないんですが、本もちゃんと出しているみたいなので使いました。











厚生労働省では『思春期のためのラブ&ボディBOOK』という小冊子が中学三年生に無料で配布されました。

その内容はピルの服用を推進したり
リプロダクティブ・ライツ(性と生殖の権利)は中学生にあるように書かれているんですね。


私がちょうど14歳かその頃にドラマで『14歳の母』
というのが社会問題になりましたね。

命がどういうものなのかわからないうちから
命について考えさせられたようにおもいます・・・






親が直接教えにくいことであるからこそ、
性教育の果たす役割は大きなものになります。




命を尊ぶからこそ

家庭を愛するからこそ

次世代のことを考えるからこそ





これからの性教育について考えていきたいものですね。




カープでは、統一原理からみた解決策について話し合ったり、定例研もがんばっています!!




参考までに性教育について大人が真剣に考えたドキュメンタリー番組があります。



平成25年度ギャラクシー賞 テレビ部門 優秀賞
      日本民間放送連盟賞 テレビ教養番組部門 優秀賞受賞
      文化庁芸術祭参加
多くの賞を取ったもののようなので、世間一般でも認められている映像になります。


ぜひ参考にしてください。

(私もはじめはよくわからなかったのですが、とても参考になりました!!
 地域の強力な大切さや、大人としての責任、またいろんな観点から参考になると思います!!)


一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな

関連するタグ
コメント
Re: がんばってますねー。
ぶっちいさん!
コメントありがとうございます!

本当にそうだと思います(^^)
生き方にとても繋がりますね!!

いつも意識していただけて本当に感謝です!!
[2014/11/26 00:09] URL | おん #- [ 編集 ]

Re: 重要ですね。。
ありがとうございます!

またいろんなカープメンバーとも意見交換したいです(^^)
いつもコメントしていただきありがとうございます!
[2014/11/26 00:07] URL | おん #- [ 編集 ]

重要ですね。。
性教育については、最近考えさせられることもあり、参考になりました。
また一緒に意見交換したいですね!
[2014/11/22 23:40] URL | 新潟カープ Apro #kvhdQ.xg [ 編集 ]

がんばってますねー。
ほんとうに久しぶりに偶然開いたら更新されてたので、コメントしてみました。

以前聞いた話ですが、日本では現在“純潔”を強調する団体が極めて少ないそうです。
だから大衆運動になったり国家の中で尊重される価値にするのは、現実問題なかなか甘くないですね。
(「あ~。“純潔”ってあの団体よねー」という社会構造の中では、純潔という価値に共感し、応援すること自体が、その団体の一員であるとみられる可能性を内包する)

性に関して厳格な宗教の基盤、文化的基盤がある国だと、そういった活動やキャンペーンを張って食い止めるというのが、(理論的には)可能なんだろうけどねー。

結局、そうなると個人的なかかわり以外で“性”を公で扱う場所が学校で、それがまさに今回の性教育となるわけだけど、問題は山積みですね。

でも、個人のレベルで少なくともこういったことをどうすべきかと考えてみる機会があるべきだと思います。

実際、今回の定例研でどんな内容が出たのか気になりますが、内容はどうあれこういった機会に“性”についてしっかり考える契機となれば幸いです。

結局、国家や社会も一人ひとりの人間が作り上げるものなので、ここでの実りはこの議論を通して“純潔”というひとつの価値が自分の生き方となるかどうかにかかっているんじゃないですかね。

応援してるよー。
ガンバレー。
[2014/11/18 17:33] URL | ぶっちぃ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/429-9eaeb41c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。