京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史から見る…
こんにちわ

とうとう現れました トート です。(笑)

今回は私が専攻している歴史についてつぶやきたいと思います。




ちょっとその前に、
先月末みんなでこんなところに行ってきました!!



じゃーーーーん

紅葉!!
attachment00 (2)




じゃーーーん!
attachment01 (3)

どや!
attachment00 (4)

それ!
attachment02.jpg



比叡山の麓です
ボックスの近くに登山口があるのでそこまで自転車で行って散策しました

は色鮮やかでいいですね
大自然に囲まれてきれいな写真に加えて、おもしろショットもたくさん撮りました
みんなで来るとどこでも楽しいですね~





さてと、本題の歴史の話しに戻りましょう

申し遅れました、私は3回生にして初投稿の トート です。
日本史の主に中世を専攻して研究してます。

その中でもマニアックな南北朝時代を調べていて
今日はその時代のある皇子について話したいと思います。


その皇子とは、かの有名な後醍醐天皇の皇子でその名を護良親王といいます。

簡単に彼の生涯を紹介します。





諸説ありますが、私が思うに彼の人生を一言でいうならば、

ただ父親のために全て捧げた人生だったと思います。

(※注 ここからは私個人の史観です)


最初、こどもたちは後醍醐天皇の駒にすぎませんでした。

延暦寺等に自分のこどもたちを配置させたのも、僧兵の武力を期待したものと思われるからです。



しかし、護良は逆らうことなく、親の願いに応えていきたい一心で天台座主まで上り詰め、

なおかつ自ら日々武芸に励んでいました。



そして時が満ち倒幕運動が始まると、親王が発給できる「令旨」を全国に出し、

挙兵を呼びかけ瞬く間にその運動は全国に展開しました。

このとき皇子自らが最前線に立ち、戦ったといいます。

高貴なる身分の方が民衆のために戦う姿は人々の心を動かしました。

そしてさまざまな知恵を使いながら、劣勢のなかで次々と勝利を収めていきます。




その姿は父が隠岐に配流になっている間も変わりませんでした。




父が帰ってきたときに希望をお返しできるように!

父の意思を受け継ぎ戦い 続ける!!




いつ戻るかわからない中であっても変わらずに進み続ける、

彼のその姿がすべて語っているようでした。



無事に後醍醐天皇が戻り、建武の新政を始めるときも彼は征夷大将軍、兵部卿として支えます。





しかし、

彼の発給した令旨ゆえに関係に溝が入ってしまい、それは取り返しがきかないところまでいってしまいます。



その後の歴史を見ると彼は父のもとを追われ投獄され、

最後は北条家の子息が起こした中先代の乱に乗じて殺されてしまいます。







無念の死。




最後に彼はどう思ったのでしょうか?




父を憎んだでしょうか?後悔したでしょうか?







たとえ何も報われなかったとしても、何か役に立てるのならばやりたかった…


もっとそばで父を支えたかった…




きっと彼ならそう言うだろうと思います。



彼は後醍醐天皇の皇子として、またその前に一人の息子として親を想っていました。


まるでその姿は国家における忠臣であり、家庭における孝子でありました。











まだ浅い知識の私からは後醍醐天皇の真意はわかりませんし、

ここで書いた護良像も私の想像にすぎません。

しかし、私はきっと後醍醐天皇も彼の姿に希望と慰めをもらったのではないかと思います。



遠くはるか昔、

電話はおろか連絡を取ることが簡単ではなかったその時代、

わずかに伝わる息子の動向や活躍に、幽閉中の後醍醐天皇は勇気をもらったはずです。



…ああ、まだ終わってなどいない、ここからまた始めればいい…




多くは語らなかった後醍醐天皇だったけれども、

幼いころからその父を慕っていた護良にはその心中を理解することができました。

父が何を願い、果たそうとしているのか。自分は何をすべきか。

答えを探し求めていったゆえの彼の人生であったと思います。



私たちはつい目の前のことや、自分がやりたいことに一生懸命になりますが、


そうではなくて、

一人一人にかけられている親の願いにどうこたえていくのか、

社会で自分は何を貢献していけるのか、どんな人生を歩むのか、






そういう大きなビジョンを思い描いて持っていくことが大事ですよね、、、、、、、なんて





あまちゃんの私がついつい背伸びしたコメントになってしまいました・・・っ(゚Д゚;)







んーーーっまとめっ


大きなビジョンをもって世界や社会に貢献できる私たちになっていきましょう!!!!←急展開





いぇいいぇいぇいぇい  ふー!





おしまい。







一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな



関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/434-89083c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。