京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰め込みorゆとりでいいの?
どうもお久しぶりです!ルルです!!


突然ですが我が家には他では通じない謎の言葉があります。例えば…




ピッピッてするやつ=リモコン


耳栓=イヤホン


ピーーヤッッ!!=脇を突っつくこと



E5B08FE5B3B6E38288E38197E3818AEFBC91.jpg




左京さん=右京さん(「相棒」の主人公)




おいそこのゴリラ=ねえねえお兄ちゃん♡






この前に友達と話していて、全力で左京さんと言ってしまいました。
きゃーはずかしっ(´∀`*)ノシ




習慣性の恐ろしさを知った今日この頃です( ´∀`)b






前回の教授さんの投稿で専門の物理の話をしていたことに便乗して、自分は教育学部なので“ゆとり教育”をキーワードにこの社会を考えていこうと思います!






そもそもゆとり教育は1977年から始まりました。それは、いじめや不登校などが社会問題として叫ばれ始め、詰め込み教育が子供たちの心のゆとりを奪い、学習意欲を低下させているんだと批判を受けるようになったことが背景にあります。




しかし、問題はさらに悪化と陰湿化の一途を辿るようになりました(;_;)





ゆとり教育の仕方が悪かったのでしょうか?それとも問題はもっと別のところにあるのでしょうか?ここで日本のゆとり教育の理想を体現しているともいうべきフィンランドとの比較を通して考えてみたいと思います(^◇^)




まず、日本はなぜゆとり教育が失敗してしまったのか?ということについて考えてみたいと思います。両国はそもそも教育原理が違うのです( ̄▽ ̄)




日本は系統主義、つまり「正しい答えを順番に教え込めば、個人の経験に関係なくみな同じ基準に到達する」(『子供たちに「未来の学力」を』より)のであり、フィンランドは、社会構成主義、つまり新たなインプットは既知の情報と関係づけられて解釈され理解される(『慶應義塾大学外国語教育研究センター』より)のです。








なので、日本は教え方さえ間違えなければ一定の水準に学生がたどり着くというスタンスなので、教育も中央集権的で教師は教育指導要領に従って教えている。これじゃあ、一人一人の興味関心に合わせて教育し、個性を伸ばそうというのも端から無理な話ですよね(;´∀`)





その上で、ゆとりを与えるために授業数を減らしていってしまった…
学力低下を言われるようになったのも納得できます( ̄Д ̄ )
なので、失敗したと言われているのです(/_;)







一方フィンランドは、生徒の経験によって知識の定着の仕方が異なるというスタンスなので、教師は教科書の選定から授業スタイルまで決められるなど権限が強いのですヮ(゚д゚)ォ!







ではフィンランドの教育を真似すべきか、というとそうでもないと思います。






フィンランドは1990年代から教育の抜本的改革により今の形になったのですが、OECDのPISA調査によると、2003、2006、2009年とかなり成績が良く、世界でも注目されるようになりました\(^o^)/





このPISA調査は子供たちが既存の知識で、数学、科学、読解力の三分野において目の前の問題を解決していけるかということを試すものであります。フィンランドの学力観に一致しているので、成功しているかの一つの指標となるのです。






ここまで来るとフィンランドすげー!!と思いますが、2012年はなんと三分野とも大きく平均が下がってしまったのです(・.・;)






教育大臣のクリスタ・キウル氏によれば子供たち、そして社会の学校に対する意識が肯定的ではなくなってきたそうです。つまり、フィンランドもどこかで綻びが出てきたのです。また、フィンランドでもいじめの問題はあります。数学の興味関心は先進諸国の平均より低いのです。








結論として、教育システムが生徒の学習意欲の低下やいじめの問題の根本的解決にはならないのです(;_;)






どうすればよいのか…
ここで自分は統一原理が解決のカギになると思うのです!!






統一原理ではすべての存在は二重目的を持つ連体であると語られています。つまり、全体的な目的を離れて個体的目的があるはずがなく、またその逆も然りだというのです!





文字数の都合上、踏み込んだ話はできないのですが、これを教育にもあてはめてみると、自分たちが学ぶことは社会の発展のためであり、社会の発展は私たち個人のためなのです!!






だから、私たちは個人の幸福のため、そして社会に貢献していくため学ぶのです!!






今の若者はなぜ学ぶのかわからず呆然と立ち尽くしているのではないでしょうか?学習意欲を上げるためにとりあえずよりレベルの高い大学に行け!と周りは押し出しますが、それでは大学で燃え尽きてしまうのは目に見えています。




まず、若者の意識改革が必要なのです









世の中が今よりもっと良くなることを想像すれば心がウホウホしてくるんじゃないでしょうか?




226993841_7cc2aa0aaf.jpg







…って誰がゴリラや(ノ`Д´)ノ彡┻━┻(←お前や)








一緒に活動してくれる人大募集
いつでも気軽にどうぞ!!!


連絡の取り方はこちら

↓今日も幸せ☆ぽちっとな


関連するタグ
コメント
Re: タイトルなし
返信遅れてすみません>_<
まあむさん!コメントありがとうございますm(_ _)m
そうですよね!そして今の教員も何のために勉強をしているのかを生徒に堂々と答えられる人は少ないと思うんですよね〜
「いい大学に行くため」「みんなしているから」というのも何か違う…と。
やはりそこには、本質を考えていくような宗教を日本は放棄してしまったところに原因があると思います(´・_・`)
社会問題の解決というのも、個人が集まって社会になり、社会が集まって国になり、国が集まって世界になることを考えれば、外界にばかり目を向けて制度や形がどうだとか批判するのではなく、自分自身はどうしていくべきかを考えるのが重要ですよね〜
そして自分たちはどうしていったらいいのかを具体的に提示しているのが統一原理であるというのを考えると、その価値をより切実に自分も感じます!
[2015/07/04 15:39] URL | 京都大学原研代表 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
返信が遅れてすみません>_<
ゴクーさん、はじめまして!たびたび京大カープにコメントを下さりありがとうございます(^^)
そうですよね!子供の興味関心をいかに引き出せるか、子供たちに何を残していけるのか、将来に対する希望を持たせるにはどうすればいいのかというのは、これからの教育の課題ですよね〜
[2015/07/04 15:07] URL | 京都大学原研代表 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
おんさん、コメントありがとうございます!(^^)
いや〜可愛い弟なんですよ(笑)
社会問題は社会の構造が悪いから、周囲の環境が悪いからとするのではなく、個人にも要因があるのではないかと思うんですよね。
なので、個人の教育というものが重要だなと思います( ̄ー ̄)
やはり、CARPで学んだことを社会に活かしていくことができるか否かが本当の闘いだなぁ〜と感じています。
おんさんも、お仕事頑張って下さい!応援しています!
[2015/07/04 14:32] URL | 京都大学原研代表 #- [ 編集 ]

Re: はじめまして!!
返信が遅れてすみません>_<
らいさん!よろしくお願いします!
友達に通じないことありますよね〜(^^;;
理解者がいて下さって嬉しいです(^ω^)
方言とかも、難しいですよね(⌒-⌒; )
「えらそうやね(大変そうだね)」と言われて本気で自分の態度のどこが偉そうなのかを分析しましたよ(笑)
[2015/07/04 00:17] URL | 京都大学原研代表 #- [ 編集 ]


おいちょっとそこのゴリラ(笑)はウケるね^_^

教育のシステムは良いと言われるものも長期的に見れば実は良くなかったり、フィンランドもなかなか苦戦してるんですね〜。

統一原理の二重目的の考え方は社会に出ると身にしみて大切さを感じます!!
自分が認められたい思いでやっちゃうこともあると思うので、
社会に貢献するためにやる意識は本当に大切なことだと感じるこの頃ですね〜。

みんなも育んでいってね〜
[2015/06/06 16:09] URL | おん #OO23dqHs [ 編集 ]


教育には関心があったので興味深いですね~。ゆとり世代とよく言われますが、制度や形が本質ではなく何のために勉強するのか、そこの意識が結局そこが根本的に影響すると思いました。

統一原理では根本的な、人生の目的や人としてどう生きるべきかを明確に示しているので勉強の意義は個人の幸福と世界の本当の幸福の為にあると言えますね~。

原理の価値がよく分かりました!
[2015/06/06 12:58] URL | 熊大カープ まあむ #- [ 編集 ]


新潟大学カープのゴクーです。
ゆとりの真実・・・知らなかったです・・・
確かに教育方法を変えたからいいというわけではなく、私たちが主体的に興味・関心を持って、勉強していけたら理想ですよね。
[2015/05/30 12:20] URL | 新潟大学カープ ゴクー #- [ 編集 ]

はじめまして!!
はじめまして、神戸大学カープのらいです✨
時々友達などに通じない言葉ってありますよね〜
自分もそれで笑われた事があります
(○°ε°○)

ルルさんの言うように、大学の学生が、個人の幸福のため、社会に貢献していくために学ぼうという意識に変わっていけば、社会全体が良い方向へと進んでいくんだろうな〜っておもうと、心もウホウホですね٩( 'ω' )و
[2015/05/29 15:17] URL | らい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/441-37cade63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。