FC2ブログ
KYOTO CARPのぶろぐ
京大公認サークルのKYOTO CARP(京都CARP)の公式ブログです。京都大学を中心としたインカレサークルで、社会貢献を目的として学生と教授を交えてのボランティア・研究活動などを行っています✨/ルネサークル棟清掃プロジェクト/スポーツ/定例研究会
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

おひさしぶりです🐟
おひさしぶりです。店長です。

え、まだ店長さん卒業してなかったん!?という方もいらっしゃるかもしれませんが

(ΦωΦ)ふふふ…

さて、今日は後期1回目の定例研究会がありました!
今回のテーマは「海洋プラスチック」

現在、世界では年間約3億トンのプラスチックが生産され、そのうち約4割は私たちにとっても身近な使い捨ての容器・包装です。
しかし、特に新興国ではプラスチックリサイクルの仕組みが整っていない国も多く、先進国といえどもポイ捨て問題は後を絶ちません。
ポイ捨て、投棄されたゴミは側溝、川を通じて最終的には海に流れ着きます。世界で海に流入するプラスチックごみは年間で800万トン(日本人の総体重くらい?)になるそうです
そして2050年には海中のプラスチックの総重量が海の魚の総重量を超えるとか超えないとか…

さて、そんな海洋プラスチックですが環境問題としてよく知られるようになったのは1本の動画がきっかけでした。
その動画がこちら

『Sea Turtle with Straw up its Nostril - "NO" TO PLASTIC STRAWS』

ご覧の通りウミガメの鼻にストローが刺さっている動画がYouTubeに拡散され、世界中で大きな波紋を呼びました。
他にも、クジラやアザラシ、鳥などが誤ってプラスチックゴミを飲み込み、それによって衰弱、死亡する例は後を絶たないそうです(動画とかもたくさんあるので、ぜひ調べてみてください)。

海に流入したプラスチックが波の力などによって細かく分解されたものをマイクロプラスチックと呼びます。これは魚などの動物の体内に入り込み、食物連鎖によって巡り巡って人間の体内に帰ってくるかもしれない…とも言われています。

さて、長い前置きはこの辺にして、今回は「なぜ海洋プラスチック問題が起きたのか」という問いに対してディスカッションを行いました!

a_3194a0_d_g0eUd018svc4zcfgkeadq4c_ch1ge6.jpg
うーん

a_3194da_d_g0eUd018svc1wpk27wa1hil1_ch1ge6.jpg
むずかしいね

a_3194ae_e_10eUd018svcxg6dw3or08mf_ch1ge6.jpg
でも意見はたくさん出ました!

様々な観点から話し合えましたが、結論として「理想的にはゴミ=資源であり、ゴミにも価値が見いだされるはずである」ということになりました。

江戸時代のような循環型社会とは対照的に、プラスチックの利便さ、安価さに囚われ、いかに廃棄するかという意識がないままに大量生産・大量消費が行われた結果、海洋プラスチックを始めとしたゴミ問題が起こっているのではないかと自分たちは考えました。
また、さらに根本的には国や社会に対する「私の」国・社会という所属意識、そこから生まれる、国家社会の恒久性を志向する意識の欠如が問題ではないか、という意見も出ました。

ということで、今世界中で叫ばれている問題なので、ぜひ皆さんも色々調べてみてください!!

次回はさらに原因を掘り下げながら、解決策を探っていこうと思います!!
次回も更新できたらいいな(´・ω・`)
関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/498-318c0467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カウンター