京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京大生の合格体験記④
みなさんお元気様です


いかがお過ごしでしょうか


京大生の合格体験記、4人目の今回は、
遂にやってきました!
初の女性です


DSC00173.jpg




インタビュイー:Kさん(京大農学部、現役合格、女性)


京大を受けようと思ったきっかけは?

 もともと農学分野に興味を持っていた。そんななかで、高2の冬、高校の先生から、「京大の農学部にもKさんの興味のある分野を学べる場所があるよ」と言われた。それまでは「自分が東大・京大なんて無理だろう」と思っていたが、先生に言われて、「自分も東大・京大を目指していいんだな」と思った。また、受験まであと一年あったので、「何とかなるかもしれない」とも思えた。自分でも気づけなかった可能性に、先生によって気づかせてもらったのが大きかった。


高3の夏休みはどのような勉強をしていましたか?

 通っていた高校は進学校で、補習などによってもともと休みが少ない学校だった。また、勉強合宿(合宿中は、勉強するかご飯を食べるか寝るかぐらいの生活)もあった。
 自分は、勉強するときに一つの信念を持っていた。それは、「なりふりかまわずやる」ということ。そして、分からないところは絶対に妥協しない。とことん追求した。
 勉強できる環境に自らを追いやることもした。家だと絶対に勉強しないので、学校や図書館に行った。
 宿題は、他の勉強をしてから、期限ギリギリになってやった。自分は宿題は絶対に期限までに出すと決めていたので、逆に追い込まれて良かった。


受験期のエピソード

 部活をやっていて良かったと思う。
 私は、部活動での人間関係がすごく良かった。共に励まし合いながら頑張れた。また、部活動を通して、あきらめない姿勢や社会性などを身につけられたのは大きなことだった。これらは、勉強だけしているよりも部活をしていたほうが磨かれると思う。


受験生へのメッセージ

 夢を持って欲しい。
 なんで京大を受けるのか、それをはっきりと持って欲しい。成績だとか、みんなが行くからとかではなくて、おおまかでもいいし、個人的なものでもいいので、聞かれたときにパッと答えられるようなものをもっていてほしい。ぜひ、勉強の合間にでも自分の心に立ち返る時間を持ってみてくださいね。


インタビュアーコメント

 Kさんにとっては、京大を受けようと思ったきっかけ(自分の可能性に気づけたこと)が大きかったようです。やっぱり人は、自分自身の可能性に気づけたときに、おおいにがんばることができるんですね。Kさんも、これを転機として着実に頑張って来たようです。また、法学部合格のH氏と同様、何らかの信念を持っている人もやっぱり非常に強いですね。


 受験生のみなさん!みなさんも、自分では気づかない多くの可能性を秘めていますよ!夢、目標に向かって

Do your best!




関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/72-8b474a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。