京大サークル CARP(原理研究会)
京大公認サークルであるカープ(原理研究会)の公式ブログです。私たちは統一原理という理念を掲げて、周囲に希望を与えます!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁和寺にある法師
この間、仁和寺の前を通りかかった。




仁和寺。




仁和寺といえば・・・。


ああ、思い出す・・・。

niomon-phot01.jpg
仁和寺公式ホームページより



吉田兼好の徒然草。



その第52段に、『仁和寺なる法師』というものがある。

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。




この話、

仁和寺の法師が、その当時、死ぬまでには一度見ておくべきだと言われた石清水八幡宮をぜひ詣でたいと思って

詣でに行く話。


だけど、石清水八幡宮に着く前の

極楽寺や高良と言うところを見て、

そこで全てだと思って帰ってきてしまうという話。



本当は山の上に石清水八幡宮があって、そこまで行けなかった法師さん。

兼好さんは、それを聞いて、

「少しのことにも、先達はあらまほしきことなり(少しのことでも、案内人をもちたいことだなぁ)。」


と結んでいるわけです。




これ、


はじめて聞いたときには、


「何事にも案内人を持とう」

という教訓として聞いたけれど、



今思うと、



小さなことでも感動できる心を持った、


清い法師さんだったんだなぁと思うわけです。


もちろん、その当時の極楽寺や高良は素晴らしかったみたいですけど、

欲を持たずに

満足して帰られた法師さん。



たしかに、もったいないといえばもったいないけれど、

その純粋さがかわいらしいですね。



実は、こういうことを感じるようになったのは、

このサイトを見たため。


虫の本:仁和寺の法師は、実は馬鹿で無いのではないか



たぶん、この文章に初めて触れたのは中学生の時。


そのときは、「あ~あ、もったいない」


とか、


「せっかく行ったのにダメじゃん」


とか、あまりいいように思わなかったけれど、

上にあげた記事のように、

法師さんの気持ちになって考えてみると、

そうでもない。




やっぱり、人の気持ちに立ったり、


相手の事情を考えてみるといろいろ見えてくるものだなぁ。。。


すぐに人を批判したり、

「こうすればいいのに」と決めつける以上に、

相手の気持ちをくみ取ってみたり、

良いところを見ようと努めることを教わったような気がします。



Thank you!!!

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

関連するタグ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kyotogenken.blog.fc2.com/tb.php/96-2ed8b109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

フリーエリア

一日1回応援クリック お願いします↑

FC2プロフ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。